食あたりに。|ディエンチャン

 

今日は、「食あたり」のケアです。

原因は おそらく ”海鮮鍋”なのですが、

同じものを食べても、私は何ともありませんでした。

抵抗力の落ちていた家族に症状が出たのでしょう。

因みに、下痢が治ったばかりの他の家族は、

半日程度胃のムカつきがあったそうですが、他に症状はでませんでした。

さて、その抵抗力の落ちていた家族はというと、夜中に 大量嘔吐。

数時間後に、また少し嘔吐。 

しかも、気持ち悪くて上手く眠れない様子(これはよろしくないデス)

私も、 一睡もせずバケツ片手に構えておりマシタ(>_<)

 
朝になると喉が渇いたようで、水を飲もうとしたので 

「一気に飲まないように」と、

注意する間もなく、水を飲んでしまい…。

やはり… また嘔吐してしまったのデシタ。

しかし、バケツを用意していた甲斐があり、上手くキャッチしましたデス。

それにしても、
「喉が渇いても、まだ一気に飲んではいけない」と、

早く本人に伝えておけば良かったデス。 

少しずつ様子をみながら飲まなければ、また嘔吐するのです。

そしてその事を伝えると、今度は上手く水分を調節しながら摂るのデシタ。

午後になり、嘔吐はしなくなったものの、まだ39℃以上の高熱があります。

夕方も、水分だけは安定して摂れるようになるものの、午後7時の時点で39.3℃。

ディエンチャンの 抵抗力アップのつぼのフォーミュラをとり、

午後8時半頃には、 解熱のつぼのフォーミュラ をとってみました。

すると、午後9時には38℃になり、その後は直ぐに眠れたようです。

朝になると熱も36℃台に下がり、

朝起きるなり、我慢出来ずバナナを食べておりました。

とはいえ、食事は数日かけて元に戻していかなければいけませんので、

朝食はおかゆです。

本人は不満そうでしたが、お腹はまだ元気ではないのですゾ!

ということで、

昼,夜は控えめにし、明日からは、ほぼ普通の食事に戻す予定です。

それにしても、ディエンチャンのツボはとったものの、

人というのは凄いもので、

しっかり睡眠がとれて、間違った飲食などしなければ

回復するものなのですね!

自己治癒力っていうのが、ちゃんとあるのです

ただ、現代人はストレスも多く、

添加物の摂取や大気汚染etc.で乱れが生じやすいと思われます。

ご自身に合う体の整え方を、見つけられると良いと思います。

選択肢の一つとして、ディエンチャンがありますよ。

サロンでお受けいただいた方には、セルフケアのアドバイスもしております。

ぜひ一度、お試しくださいね。

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る